Beachside Magazine vol.23 「ビーチサイド流花火鑑賞のススメ」

Photo of the issue

花火!

いよいよですね。夏本番ですね。海です!花火です!!
今回は、湘南の花火情報と共に、ビーチサイドマガジンならでは、のキモチイイ花火の楽しみ方を紹介したいと思います。

まずはスケジュールをチェック。

7/19(月・祝) 8:00 湘南龍の口灯籠流し花火大会
 境川(片瀬川)河口
700発
7/28(水) 7:30 葉山海岸花火大会
 森戸海岸
1100発
7/30(金) 7:30 逗子海岸花火大会
 逗子海岸
2,000発
7/30(金) 7:30 湘南ひらつか花火大会
 湘南潮来・相模川河口
3,000発
7/31(土) 8:30 なぎさの祭典「夏!!大磯!!祭!!」
 大磯港県営駐車場
500発
8/3(火) 7:30 三浦海岸納涼まつり花火大会
 三浦海岸海水浴場
3500発
8/3(火) 7:15 江の島花火大会
 片瀬海岸西浜、東浜
5,500発
8/7(土) 7:30 サザンビーチちがさき花火大会
 茅ヶ崎海水浴場
3,500発
8/7(土) 7:30 小田原酒匂川花火大会
 酒匂川スポーツ広場
4,000発
8/10(火) 7:00 鎌倉花火大会
 由比ヶ浜・材木座海岸
2,800発
8/15(日) 7:30 三崎みなと祭り花火大会
 三崎漁港二町谷地区
 南防波堤(予定)
200発
8/18(土) 7:30 横須賀市西地区納涼花火大会
 陸上自衛隊武山駐屯地
 グラウンドおよび周辺地域
1200発
8/18(土) 7:30 御幸の浜海上花火大会
 小田原御幸の浜
4000発

 

混雑は避けてゆったり見ます。

江ノ島花火大会を見に行くとします。
江ノ島駅を降りて片瀬海岸へ向かおうとしたら、それはもうすごい人ゴミを掻き分けていかなくてはなりません。
でも、ちょっと離れたビーチであれば、混雑に揉まれることなく花火を楽しむことができます。江ノ島の花火を見るのであれば、西にちょっと移動して辻堂海岸、もしくは逆に東側の稲村ガ崎あたりからでも充分花火が見えると思います。海の上にはさえぎるものが少ないので、ちょっと離れた場所の花火も思いのほか良く見えるのです。
地元の人は、もちろんこのことを知っていて、花火が始まる時間が近づくと、海へ向かう人達がどこからともなく湧いてきます。
みなさんも、地図を見て穴場の鑑賞ポイントを見つけてみてください。このとき気をつけなくてはならないのは、江ノ島や岬などのでっぱりです。視界をさえぎる物がないか確認するのを忘れないように!
この鑑賞方法は、「のんびり見たい」「ロマンチックな雰囲気を求めたい」「人ごみの中で子供とはぐれたくない」、という方々にオススメします。
ダイナミックな花火を目の前で満喫し、賑やかな雰囲気の中、屋台をまわったりしつつお祭り気分を楽しみたい!という方は、臆すことなく開催場所へ突撃しましょう!

壁紙ダウンロード

上の写真が壁紙になります。

編集後記

> 湘南のサーファーは早くもウェットスーツを脱ぎ捨て、トランクス一丁で波乗りをしています。波はなくとも水は温かい。肌で感じる水の感触を楽しむ季節がやってきました!
2004.7.15


No comments yet.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

copyright (c) BeachsideWorks Some rigths reserved.