Beachside Magazine vol.37 「湘南のクリスマス」

Photo of the issue

冬の装い

季節が秋から冬に移ろいつつありますが、鎌倉ではやっと紅葉がはじまったところで、紅葉のピークは12月に入ってからのようです。
湘南もめっきり寒くなって、波もめっきり入ってこず、ひとごとのように海を眺める日々が続いております。
都内ではクリスマスのイルミネーションがきれいになってきたようですね(僕はまだテレビでしか見ていませんが・・)。
湘南も少しづつクリスマス仕様になってきています。今回は海をみながらすごすクリスマスのおすすめです。

1年中クリスマスのお店

鎌倉の小町通りを散歩しているときにプリンツヒェンガルテンというお店に立ち寄ってみました。
入口専用の扉から中に入ってみると、店いっぱいにクリスマス用のオーナメントが。どうやらクリスマス専門のお店のようです。
さらに奥にはいっていくと・・、驚きました。立派なクリスマスツリーのある夢のような部屋が・・。
とにかく素晴らしいディスプレイで、思いがけず、一足早いクリスマス気分を味わうことができました。
プリンツヒェンガルテンクリスマスショップ
http://www.p-garten.co.jp/chr.html

ビーチサイドワークスが提案するクリスマスデート

都内のものほどの派手さはありませんが、ハロウィンを過ぎてから、134号線沿いのレストランにもクリスマスのイルミネーションが灯りはじめました。
クリスマスディナーの予約もはじまっていますよ。
逗子マリーナでは、ブルーのイルミネーションで飾られた椰子の並木を見ることができます。
夕日を見ながらのディナー、そしてブルーのイルミネーション・・。
必殺のコンボです。
逗子マリーナ
http://www.riviera-r.jp/zushi-marina/

夜の海での不思議な体験

夜の逗子マリーナを散歩しながら、堤防のむこうの海をふと見てみると、20~30メートル先の海面の上でいくつもの青い光が動いていました。
目をこらして見てみると、どうやら鳥のようです。たしかではないのですが、20~30羽の鳥が海の上にいるように見えました。
夜光虫が鳥の体についてそれが光っているのか?それとも何か鳥以外の生き物なのか?結局正体はわからずじまい・・。
不思議な海のイルミネーションでした。

壁紙ダウンロード

編集後記

> じつは僕の誕生日が12月25日、クリスマスの日なのです。だからクリスマスは他人事じゃないというか、すこし特別な感じがします。
誕生日ケーキとクリスマスケーキがひとつになってしまって損だ、という話もありますが、それでも僕は自分の誕生日が12月25日であるということが気に入っています。
>ビーチサイドワークスは「チーム・マイナス6%」活動への参加が承認されました。この夏はエアコン28℃に設定し、服装はアロハ・短パン・ビーサンで過ごし、車にはなるべく乗らず自転車で行動してきました。これからも続けていきたいと考えています。
>2006カレンダー着々と準備中
2005.11.24


No comments yet.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

copyright (c) BeachsideWorks Some rigths reserved.