Beachside Magazine vol.41 「トイカメラ」

Photo of the issue

カメラを持って湘南を散歩はいかがでしょうか?

最近、トイカメラにはまっています。
ここ10年くらいはずっとデジタルカメラでした。
それ以前はフィルム一眼レフカメラで撮っていました。
最近のシャッターを押せばとりあえず失敗することなく写り、露出が暗過ぎたり明る過ぎたりするとシャッターも切れない優し過ぎる機能を持ったカメラにちょっと飽きてきてしまいました。
機械式のフルマニュアルカメラは持っていましたが、とにかく重くていつもポケットに入れて気軽にパチリとはいきません。
そこで軽くてマニュアルでフィルムのカブリもご愛嬌のスローなトイカメラを購入しました。このトイカメラ楽しいです。失敗もあたりまえ。フィルムもどこからか光が洩れて赤く感光してるし。でもデジタルカメラでは絶対撮れない写真です。

便利な時代にあえて、手のかかるもの失敗する可能性の高いものチープなもので楽しんでみるのもある種の贅沢ではないでしょうか。
思わぬノスタルジックな写真が撮れたりしますよ。

トイカメラ

私が使っているトイカメラをいくつか紹介します。

LOMO LC-A

知る人ぞ知る有名なロシア製カメラ。見た目もおしゃれで女の子にも人気。
周辺光量不足によるトンネル効果が良い雰囲気を表現するということで人気が出たカメラ。
フィルムは35mmなので簡単に手に入り、現像代も比較的安価です。

HOLGA

ピントは合わない、光はもれる、とダメダメなところがかえって予想もつかない写真が撮れると人気が出たカメラ。
基本は120フィルムですが、いろいろな付属品が出ていて、35mmフィルムもポラロイドも使用可能になります。

ポラロイドカメラ

トイカメラとはちょっと違いますが、ポラロイドもなんともいえない夢の中のような雰囲気の写真が撮れます。映画等でもたびたび小道具として出てくるSX-70というカメラやSLR680といった一眼レフタイプのカメラが人気があるようです。生産終了しているので、中古で手に入れるしかないです。
他にもいろいろありますが、ネットで検索しますと色々なカメラがあるので探してみてください(AGAT 18Kやスメナ8Mというカメラもオススメ)。トイカメラは普通のカメラより安いですから、とりあえず買って使ってみると良いかも。失敗も楽しめる人であれば、きっと楽しいと思います。

壁紙ダウンロード

編集後記

湘南は、梅雨の前ですが少しずつ夏の雰囲気が感じられるようになってきました。週末ちょっと自転車に乗って散歩したりしますが、日差しが強くなってきました。女性の方は特に日焼け対策に気を付けて湘南へ遊びに行きましょう。
2006.5.29


No comments yet.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

copyright (c) BeachsideWorks Some rigths reserved.