Beachside Magazine vol.46  「冬の朝」

Photo of the issue

picture of the issue vol.46 “early morning”

カウント

2006年、僕が波乗りで海に入った回数は117回だった。

7月が一番多くて19回。一番少ない1月が3回。
大体は月10回前後だった。

30分でも1回、朝と夕方、1ラウンドはいったら2回と数えている。
1ラウンドが平均して1時間ちょっとだから、毎週末がっちり波乗りをしているサーファーと比べたら、波乗りをしている時間はむしろ少ないと思う。

ある冬の休日

休日は昼間家族で過ごすから、波乗りをする時は、朝一番だ。

今の時期、朝一番の時間はだいたい7時。
夏なら5時。一番早くて4時半。
冬の朝は特に冷えるから、7時前に波があれば乗り放題だ。

それでも晴れた休日は冬でも活気づく。
天気がいいだけで街全体が盛り上がる。

夕方になると外を行く全員が夕日に染まる海に見とれて、
たくさんのカメラが無数のシャッターをきる。
波乗りと違って、夕焼けは、いくらとられても全員に平等だ。

素晴らしい休日のフィナーレが終わると、
冬の夜はしずかに長く、そして昼より長い時間を経て、またそっと朝を迎える。

冬の朝

湘南で一番しずかなのは冬の朝だ。

冬の朝、大気は寒さで引き締まり、海は滑らかで神聖だ。

冬の朝日を浴びながら波乗りをすることは、
身と心を清めるための儀式とおなじだ、と僕は思う。

陽が昇りきると、夢から醒めたようにまた冬の一日がはじまる。
今日もきれいに晴れそうだ。

壁紙ダウンロード

上の写真が壁紙になります。

編集後記

今回の写真が誌的な感じだったので、テキストもそれにならってみました。
遅筆ながらも振り返れば46回。違ったアプローチもしたくなるものです。
来号はどうしようかな。

カレンダー、あいかわらずまだ売っているので欲しい人は BeachsideStoreにてお買い求めくださいませ。

2007.2.1


No comments yet.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

copyright (c) BeachsideWorks Some rigths reserved.