Beachside Magazine vol.47 「ビーチフットウエア」

Photo of the issue

無理をして服に着られない

海辺の生活を楽しむ人々は、肩肘張って服に着られるなどということとは、無縁な人種だ。
ビーチサイダーたるもの少し陽に焼けて色落ちしたような気持ちのよさそうな服を羽織るもの。
自然にシンプルに気持ちよく。
そいつが本当にレイドバックしているかどうかは、足元をみればすぐにわかる。

ビーチサンダル

ビーチサンダルは、春~秋の足元の基本。
夏は靴をはいてるほうがマイノリティだ。
丈の長いズボンは[tag]ビーサン[/tag]の時は裾を踏むので要注意。もし縮んだかなんかして少し丈の短くなったズボンを持っていたら、ビーサンをはくときに着るとちょうどいい。

葉山発[tag]げんべい[/tag]

なぜかいつしか有名になったげんべい。元々ビーサン屋というわけではなかった(今もか?)。ビーサンもそうだがTシャツが有名。湘南ではげの字のTシャツを着ている住人をよく見る。
http://www.genbei.com

ブラジル発[tag]ハワイアナス[/tag]

僕はこのブランドが流行った理由を知らない。ブラジルの国民性とビーサンのイメージの相性ゆえか。いずれにせよお洒落ビーサンのイメージは確実に世界に広まった。
WEBサイトもお洒落。日本版サイトに製品情報がひとつもないのもブラジルの国民性か。
http://www.havaianas.jp
http://www.havaianas.com

スリランカ発?名称不明ボツボツビーサン

僕の友達がショップに行商していたボツボツビーサン。足の裏がボツボツしていて健康に良さそうだ。スリランカで作っている、と言っていたような気がするが、記憶は定かではない。WEBサイトはない(はず)。

ニュータイプなつっかけ[tag]CROCS[/tag]

僕の子供が通う保育園では靴下をはかない。冬でもはかない。
それにならって僕も靴下をはかなくなった。
今年の冬は暖冬のせいもあって3日中2日くらいの割合で靴下をはかなかった。
春~秋については言わずもがな、である。
特別寒い日でもなければ靴下なしでも平気なのだが、冬にビーチサンダルで出歩いては、いくら湘南でもちょっと変な人、ということになるだろう。
かといって普通の靴を靴下なしで履けば臭いがつくし、洗うのも面倒だ。
そこで今流行りのCROCS(クロックス)の登場だ。
CROCSは簡単に言えばストラップつきのツッカケだ。カラーバリエーションが豊富で、軽く柔らかく水を吸わない。
近頃急速に流行っていて、湘南でもよく見かける。流行ものの宿命で2~3年後に廃れる可能性も大いにあるが、機能がいいので死に絶えることはないと思う。
ちなみに僕がはいているのは“プロフェッショナル”。
http://www.crocs.co.jp
CROCSを買おうと考えている人にひとつ注意。CROCSのサイズはやや大きめ。また、靴下をはくかどうかによっても1cm近く変わってくるので、買う前に必ず試着した方がいい。

靴が活躍するのは冬。あとデートのとき。あとスケボーするとき。そのくらい。

ワラビー

定番の[tag]Clarks[/tag]のワラビーは僕も2足目をはいている。肩(足?)の力の抜けた、それでいてだらしなくならないヌバックの素材感がいい。
裸足中心の生活をするようになってから、ワラビーは僕の中で「お洒落靴」に格上げされた。
トコロテン方式でサイドゴアのショートブーツが「超お洒落靴」になったが、使用頻度の低さ故、カビに気をつけなくてはならなくなった。
http://www.clarks.co.jp

サーフ系ブランドと[tag]パタゴニア[/tag]

近頃元気なサーフ系ブランド。サーフィンのギアやTシャツにはじまり、サングラス、時計、靴なんかまでなぜか「サーフ系」。
フットウエアだけでも、REEF、Simple、Gravis、Cobian、Sanuk、Royal elastics、Drop shoes・・とキリがない。恐るべしサーフブランドパワー。
ところで「サーフブランド」と他のブランドの違いはなんだろう。
サーフブランドの商品はサーフィン雑誌に広告を打ち、サーフショップに陳列される。
なにより一番の特徴はプロサーファーと契約してイメージキャラクターにたてる点にあると思う。
サーフィンをするプロサーファーの写真と靴の写真を合成したような広告が目印だ。

ちなみに、僕は上記のどのブランドのフットウエアも持っていない。
ただ、Simpleはコンセプト・デザイン共にちょっと気になる存在だ。
http://www.simpleshoes.com (英語)
http://www.goldwin.co.jp/simple/ (日本語)
サーフブランド、というと違和感があるが、パタゴニアも2007年からフットウエアをはじめた。環境に配慮した商品作りはいつもの通り。一度はチェックしてみたい。

壁紙ダウンロード

編集後記

今回はデザイン誌風の語り口でした。どうでした?宣伝ではないので、内容についてはまったくの僕個人の意見です。
小回りのよさを生かして4月はじまりのカレンダーを作っちゃいました。使っている写真は1月はじまりのものと同じです。2007年4月~2008年3月のカレンダー。オフィスにおひとついかがですか?
BeachsideStore (終了しました)

2007.3.9

ビーチサイドマガジン配信

メールマガジン配信登録


No comments yet.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

copyright (c) BeachsideWorks Some rigths reserved.